筆洗ってますか?

毎日欠かさずメイクの時に使う筆ですが、
全く洗わず使っている、なんて方多いのではないでしょうか?
パフなどと違って洗い方が難しそうで、なかなか手軽に洗ったり出来ないものですよね。
一歩間違えれば筆はケバケバになって、使い物にならなくなる事も・・・。
しかし、皮脂などが使った筆に残り、
その雑菌が肌荒れの素になると言われているのをご存知ですか?
今回はオーソドックスで崩れない筆の洗い方をご紹介。
しっかりと洗って、筆を清潔に保ちましょう。
ゴシゴシ洗いは筆がダメになる原因。形は崩さず優しく洗って。


ステップ1
筆をぬるま湯でしっかりと湿らせたら、石鹸を表面に馴染ませていきます。
この時に無理やり筆をゴシゴシして筆の内部に石鹸を含ませようとせず、
一定方向に表と裏の表面だけ優しく石鹸を馴染ませます。


ステップ2
次は手のひらで優しく円を描いたり、一定方向に筆をすべらせて石鹸を馴染ませていきます。
この時も筆の中の部分がグチャグチャにならないように気をつけて筆をすべらせましょう。


ステップ3
洗面器にぬるま湯を入れて、石鹸を落とします。
シャワーなどを使うと、水圧で筆が崩れやすくなるので気をつけましょう。
筆を洗面器に入れたら、親指と人差し指を使って、
筆の内部を揉みこむ様に優しく汚れを出していきます。
まだ汚れが目立つ場合はSTEP1に戻って、もう一度繰り返します。
(洗いすぎは筆が傷むので、完璧に汚れを落とそうとしなくてもOKです。


ステップ4
仕上げにタオルで水分を出します。この時に、
タオルとタオルの間に筆を挟み、プレスするようにして水分を出します。
もとの筆の形が崩れない様に気をつけながらやりましょう。


洗い終わったら風通りの良い日陰において乾かします。
天日干しも筆が傷む場合があるので気をつけましょう。


~美容コスメ口コミ.comへ戻る

(C)美容コスメ口コミ.com