足の保湿スキンケアをしよう

寒くなってくると足も乾燥していてカサカサなってきますね。
今回は足の乾燥を防ぐ保湿スキンケアについてのお話です。

足の保湿
足は身体の中でも乾燥しやすい部分です。
女性では、冬になると、かかとのひび割れ等により、
ストッキングが伝線してしまうという方も多いでしょう。
ブーツなどは、足が蒸れやすいため足は汗をかきやすいと思われがちですが、
実際には足裏は皮脂腺が少なく、乾燥しやすいので保湿ケアが必要になります。
ただし、かかとの角質が異常に硬くなっている場合は、
乾燥のためではなく、角質増殖型の水虫の可能性も考えられます。
この場合には、保湿では治らないので、専門の皮膚科へ行く必要があります。

足の保湿スキンケア方法
足の皮膚の乾燥には、汗腺を刺激し毛穴を
開いてくれる、ぬるめのお風呂が効果的です。
そして、大切なのが入浴後です。
入浴後、肌の水分を逃がさず、
皮膚が乾燥する前に保湿スキンケアをします。
足の保湿も顔と同じように、いきなりクリームを塗ってはいけません
まずは水分補給になるローションなどをたっぷりと塗り、
その後クリーム類で水分が逃げないようにお肌にフタをしてあげましょう。

乾燥がひどい場合は
足、特にかかとの乾燥のひどい場合には、
ローション、クリームを塗って保湿した後、ラップで足を包み、
靴下を履き、しばらく時間をおいたあとで外すと効果的でしょう。
こうすることにより、足に補給された
水分が逃げにくくなり、うるおいが保たれるのです。
冬期間にしっかりと保湿を続けることで、
足を露出しやすい春や夏に、コンプレックスを感じなくてすむようになります。
ただし、オイル類の入ったクリームや尿素入りクリームは、
白癬菌のエサの元ともなるので、水虫の方にはオススメできない方法です。

冬は特に乾燥対策が必須ですね♪
足先まで気を使ってキレイを目指しましょう。
~美容コスメ口コミ.comへ戻る

(C)美容コスメ口コミ.com