リキッドファンデで立体メイク


今回はリキッドファンデの上手な塗り方をご紹介します。
ファンデーションはメイクのベースになる重要な部分。
そこを疎かにしてしまうと顔全体の印象が違って見えてきます。


リキッドファンデの魅力
リキッドはパウダーに比べてカバー力がないような、
むらができるようなイメージがありがち。
でも、塗り方を注意すれば、リキッドファンデーションの命ともいえる、
透明感と艶をものにできます
基本的に、塗るときは顔の中央から外側へ塗ります。
これは黄金パターンとして覚えておいてくださいね。


リキッドファンデの塗り方

(1)額中央、鼻の上辺りから、こめかみや髪の生え際に向かって伸ばします。
(2)頬の鼻際あたりから、顔の外側に向かって伸ばします。
目のすぐ下のライン、頬の縦中央ライン、あごの上のライン…と、頬を三本のラインで分けるイメージで塗ってください。
(3)次は鼻を塗ります。
鼻の頭から目の中央へ、上に向かうように塗ります。
左右の小鼻は上から下にしっかりと塗ります。
(4)あごは、唇の下から、耳に向かって塗ります。
(5)上まぶたも下まぶたも、顔の中央からこめかみに向かって伸ばします。
(6)ファンデーションをすべて塗り終えたら、スポンジで軽く押すようになじませます。
スポンジを移動させると、ファンデーションがとれてしまうので注意です。
(7)あとは明るめのファンデを目の下辺りなどハイライトをいれたいところに乗せたり、
暗めのファンデを鼻の横など暗くしたい場所に塗れば、立体的なメイクも可能です。



塗り方一つで全然違ってくるので
ぜひ皆さんもお試しください♪
~美容コスメ口コミ.comへ戻る

(C)美容コスメ口コミ.com