シャンプーの選び方

シャンプーの選び方はヘアケアで一番大切です。
意外とトリートメントばかり気にしていてシャンプーのことはあまり考えていなかったという方も多いのでは?
今回はシャンプーの正しい選び方を考えてみましょう。


自分の髪質に合うシャンプーとは
市販のシャンプーは適した髪質や頭皮の状態によって、
ノーマルタイプ、ドライタイプ、オイリータイプに分類できます。
それぞれ、頭皮が適度に 潤った健康な人、脂っぽい人、乾燥しやすい人向きで、
ドライタイプは余分な脂を落とすために洗浄力を高める成分、
オイリータイプは脂分を補う成分な ど、それぞれに配合される成分も異なってきます。
最近は「しっとりタイプ」「さらさらタイプ」など表記が曖昧なものが多いようですが
「しっとりは」オイリー、「さらさら」はドライのタイプに分類されます。
自分の髪質に合わないシャンプーを使うとせっかく髪を洗っても逆効果になります。


シャンプーの成分チェックしてますか?
市販のシャンプーを買うときに気をつける事がもう一つあります。
それは添加物の問題です。
シャンプーには、髪をケアするための成分以外に、
品質安定や使用感を高めるためにさまざまな成分が配合されています。
これらの成分は一般的には商品に表示されているのですが、
この表示されている成分には注意が必要です。
特に注意して欲しいのは酸化防止剤のBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)や
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、乳化剤、湿潤剤、ソルビン酸(ラウリル酸)、タール色素などです。
添加物は食品から摂取することで体に与える害が問題視されていますが
シャンプーを使う場合も同じことです。
こういった添加物は頭皮にいい環境を与えません。
しかし酸化防止剤はほとんどの市販のシャンプーに使われています、
本当に髪を守りたいなら専門家によって開発されたシャンプーを選ぶのが一番です。

頭皮も体の一部なので悪い成分の入ったシャンプーを使っていると
健康でキレイな髪にはなりません。
あなたのお使いのシャンプーはどうですか?
これからは少し気をつけて成分表もチェックしてみるようにしましょう。

~美容コスメ口コミ.comへ戻る

(C)美容コスメ口コミ.com